あるふぁ通信平成30年11月号

2018年11月1日

あるふぁ通信平成30年11月号

晩秋の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

あるふぁは平日8:30~17:30まで営業しております。
ご相談等承りますのでお電話ください。
 
今回は背骨のクッション機能について紹介したいと思います。
背骨には3個の弯曲が存在します。この弯曲こそが背骨の衝撃吸収の要となっております。
ちなみに弯曲は魚が0個、犬や猫が1個、サルは2個と言われています。
3個あるのは人だけなのです。

この弯曲が0個と3個とでは衝撃吸収力が10倍以上違うと言われています。このクッション機能が落ちると腰痛や関節の変形など慢性疼痛疾患になるリスクが高まることが分かっています。円背、腰痛、膝の変形などが合わさっている利用者様も少なくないと思います。

余談ですが弯曲の少ないサルや犬は2足歩行をし過ぎると腰痛になることが研究で分かっているので2足歩行のしすぎにはご注意下さい。

本格的な寒さに向かう時節、風邪など召されませぬようご自愛ください。

あるふぁ通信H30年11月号相模大野(pdf)

訪問看護リハビリステーションあるふぁ相模大野

Google検索